公開シンポジウム「恐怖を哲学する―フィアー・ホラー・テラー―」

公開シンポジウム「恐怖を哲学する―フィアー・ホラー・テラー―」

主 催:日本学術会議哲学委員会
共 催:日本哲学系諸学会連合、日本宗教研究諸学会連合

日 時:平成29年12月9日(土)13:30~17:00

場 所:日本学術会議講堂
趣旨:
恐怖という情動/感情は、これまで哲学の主題になることが少なかったかもしれない。それは、笑い、絶望、不安といった情動に比べて、恐怖はどこか人間的ニュアンスに欠けた、原始的なものとみなされているからではないか。たしかに、恐怖を感じ、それによって動かされるのは人間だけではない。他の動物も、敵に襲われると恐怖の表情を浮かべて叫び声をあげ、逃げたり隠れたりする。おそらく、動物は進化の過程で外敵から身を守るために恐怖という情動を身につけたのだろう。
人間も、こうした古くからの恐怖のシステムを使って生きている。しかし、人間は高度な表象能力も身につけたために、おそらく他の動物にはできないことができるようになった。それは、「今その場にないものを恐れる」ということである。動物にも見られる原始的な仕組みを使って、動物には決して恐れることのできないことがらを恐れることができる。これはとても興味深い人間的現象である。この能力のおかげで、一方で、人間は古来、連綿と続く娯楽のジャンル、「ホラー」と呼ばれるものを手に入れた。他方で、この能力があるおかげで、人々を操作し支配する新たなやり方が生まれた。恐怖によるコントロールである。「テロリストが来る(かもしれない)」「◯◯人が水に毒をまぜた(かもしれない)」。今そこにないものへの恐れを巧みに煽ることで、人々は容易く操作され支配に屈し、異文化間の相互承認はストップする。
このように、動物と共有しているのに、動物にはない楽しみと悲惨さをわれわれにもたらす恐怖は、興味深いと同時にきわめて重要かつアクチュアルな思想的主題である。本シンポジウムでは、われわれに深く根ざした恐怖という情動の本性を明らかにし、「現実の方がよっぽどホラーだ」と言いたくなる現代社会においてそれとどのように対峙していけば良いのかを考える。

司会
岡田真美子(日本学術会議第一部会員、中村元記念館東洋思想文化研究所研究員)

報告者
三嶋輝夫(元青山学院大学教授)
「古代ギリシャ哲学、文学における恐れ」

佐藤弘夫(日本学術会議連携会員、東北大学大学院文学研究科教授)
「聖衆から幽霊へ ―闇から現れるものたち―」

石田美紀(日本学術会議連携会員、新潟大学人文学部准教授)
「幽霊からゾンビへ ―現代ホラー映画の流れ―」

藤原聖子(日本学術会議第一部会員、東京大学大学院人文社会系研究科教授)
「ゾンビからテロリズムへ ―現代「畏れ」・「恐れ」考―」

ディスカッサント
戸田山和久(日本学術会議第一部会員、名古屋大学大学院情報科学研究科教授)

特別セッション「大学制度から近代日本の宗教研究を再考する」開催報告

特別セッション「大学制度から近代日本の宗教研究を再考する」Reconsidering Religious Studies in Modern Japan in Light of the Institutionalization of Universities開催報告

日本宗教学会年次大会中、9月16日(土)に本諸学会連合共催パネルを開催いたしました。

御礼を申し上げますとともに、当日の発表・コメントのダイジェスト版(レジュメ)をここに掲載します(発表タイトルをクリックしていただくとpdfファイルが現れます)。

発表

江島尚俊(田園調布学園大学助教)

「学問制度の近代化と宗教研究―国家による制度構築の視点から」Academic Modernization without Secularization: The State’s Management of Religious Studies and Its Historical Consequences

小柳敦史(北海学園大学准教授)

「帝国大学における「神学」―波多野精一による基督教学の構想—“Theology” for an Imperial University?: Seiichi Hatano’s Plan for Christian Studies at Kyoto Imperial University

ヴィクトリア・モントローズ(南カリフォルニア大学大学院博士課程)

「明治時代の仏教系高等教育機関における僧侶養成課程―比較分析―」Clerical Curricula in Meiji Period Buddhist Higher Education Institutions: A Comparative Analysis

松野智章(東洋大学非常勤講師)

「哲学化する宗教思想―学問的に宗教はどのように翻訳されたか?―」Philosophizing Religious Thought: How Religious Concepts Were Translated in Pursuit of Academic Recognition

コメンテーター

増澤知子(ミシガン大学教授)

コメント

司会

藤原聖子(東京大、日本学術会議哲学委員会幹事)

パネルの主旨とまとめ

DSC07723

日本宗教学会第76回学術大会特別セッション「大学制度から近代日本の宗教研究を再考する」

2017年9月15-17日に開催される日本宗教学会第76回学術大会(会場:東京大学本郷キャンパス)におきまして、日本宗教研究諸学会連合が特別セッションを共催いたします。

特別セッション
「大学制度から近代日本の宗教研究を再考する Reconsidering Religious Studies in Modern Japan in Light of the Institutionalization of Universities」

アメリカ・ミシガン大学の増澤知子先生をコメンテータにお招きし、『近代日本の大学と宗教』(2014年)『戦時日本の大学と宗教』(2017年)を出版した若手研究者等による特別セッションを行います。
発表と司会・ディスカッションは英語で行われますが、日本語のレジュメ、部分通訳が用意されます。
There will be a special session on the history of religious studies in Japan on Sept. 16, during the annual meeting of the Japanese Association for Religious Studies.

※宗教研究諸学会連合加盟学会の会員の皆様は、このセッションには大会参加費無料で聴講していただけます。当日、受付にてお申込みください。
なお、15日(金)には14時半より、増澤先生を中心とした公開シンポジウム「歴史のなかの大学と宗教研究」を開催します。こちらも参加費無料、事前申し込み不要です。
詳細は日本宗教学会第76回学術大会の公式ホームページにて後日公開予定のプログラムをご覧ください。
(公式ホームページのリンクは以下から)
http://jpars.org/annual_conference/

セッションの詳細は下記よりご確認ください。
日時・開催場所:
2017年9月16日(土)14:00-16:00
東京大学本郷キャンパス法文2号館1階113教室

パネリスト:
コメンテータ
増澤知子(ミシガン大学教授)
東京都生まれ。国際基督教大学卒業(1975年)後、イェール大学で修士号(宗教哲学、1979年)、カリフォルニア大学サンタバーバラ校で博士号(宗教学、1985年)を取得。グッゲンハイム財団フェロー、プリンストン高等研究所会員。
ヨーロッパ思想史を専門とし、なかでも近代の宗教言説、人文科学の歴史に関心がある。最新の研究成果として、19世紀の大学改革運動において宗教と世俗の領域がどのように立ち上がったかを論じたモノグラフを刊行予定(Making of the Academic Secular: the University Reform Movements in the Nineteenth Century)。著書に、In Search of Dreamtime: the Quest for the Origin of Religion, 1993(『夢の時を求めて』中村圭志訳、玉川大学出版部)、The Invention of World Religions: Or, How European Universalism Was Preserved in the Language of Pluralism, 2005(『世界宗教の発明』中村圭志訳、みすず書房)。他に、近年の論文として、“The Bible as Literature?—Note on a Litigious Ferment of the Concept,” 2013、“Striating Difference: from ‘Ceremonies and Customs’ to World Religions,” 2014。

司会
藤原聖子(東京大学教授)

発表者1
江島尚俊(田園調布学園大学助教)
発表題目「学問制度の近代化と宗教研究―国家による制度構築の視点から―
Academic Modernization without Secularization: The State’s Management of Religious Studies and Its Historical Consequences」

発表者2
小柳敦史(北海学園大学准教授)
発表題目「帝国大学における「神学」―波多野精一による基督教学の構想―
“Theology” for an Imperial University?: Seiichi Hatano’s Plan for Christian Studies at Kyoto Imperial University」

発表者3
ヴィクトリア・モントローズ(南カリフォルニア大学大学院博士課程)
発表題目「明治時代の仏教系高等教育機関における僧侶養成課程―比較分析―
Clerical Curricula in Meiji Period Buddhist Higher Education Institutions: A Comparative Analysis」

発表者4
松野智章(東洋大学非常勤講師)
発表題目「哲学化する宗教思想―学問的に宗教はどのように翻訳されたか?―
Philosophizing Religious Thought: How Religious Concepts Were Translated in Pursuit of Academic Recognition」