委員長あいさつ

星野英紀委員長

日本宗教研究諸学会連合 委員長 星野英紀

日 本宗教研究諸学会連合(略称:JFSSR、英語名:The Japanese Federation of Societies for the Study of Religions)は、日本学術会議と連携しながら、日本における宗教研究諸分野の交流と向上を図ることを目的として、2008年4月に発足した新しい 団体であります。学問を取り巻く環境は厳しさを増しております。とりわけ学術研究の社会的貢献が広く求められており、それに対応するために日本学術会議も 大変革を遂げつつあります。この動きに対応するために、この諸学会連合が形成されたのであります。現在のところ、日本の宗教研究関係30団体が参加してい ますが、参加団体数は今後も増加すると考えています。
本連合の目的は、上記の連携と交流から得られた成果を社会に広く発信・還元するとともに、他国の研究者たちとの積極的な国際交流を促進することにあります。具体的には次のような活動を行うことを考えています。

(1)宗教研究における諸分野の連携、協力の推進、国際協力の強化。
(2)公開シンポジウムの開催。
(3)日本学術会議諸活動に関する情報提供と支援。
(4)その他、前条に掲げた目的を実現するために必要な活動。

本 学会連合は結成まもない団体ですが、日本および世界的にみても、さまざまな角度から宗教研究の重要性が再認識されているなか、日本の宗教研究の諸成果を幅 広く発信していくことは、宗教研究諸領域のさらなる発展はもとより、おおいに関係学領域の社会貢献にも大いに役立つであろうと確信しております。