月別アーカイブ: 2014年11月

2010年11月28日 シンポジウム「哲学・倫理・宗教教育はなぜ必要か」開催

シンポジウム「哲学・倫理・宗教教育はなぜ必要か 初等・中等教育における哲学・倫理・宗教教育の意義と可能性」
開催概要

主催:日本学術会議哲学委員会/日本哲学系諸学会連合/日本宗教研究諸学会連合
後援:哲学系4学会高校公民科教育連絡会
企画:日本学術会議哲学委員会哲学・倫理・宗教分科会

日時:11月28日(日)13:00?17:00
場所:日本学術会議講堂

報告
桑原直己氏(筑波大学教授)
「初等・中等教育現場における倫理・道徳教育の現状と課題」
下田正弘氏(東京大学教授)
「倫理教育と宗教」
直江清隆氏(東北大学准教授)
「市民形成の基礎としての哲学教育に向けて」
山中 弘氏(筑波大学教授 連携会員)
「日本の宗教教育をめぐる論点と課題」
コメント
佐藤 学氏(東京大学教授 会員)
司会
氣多雅子(京都大学教授 連携会員)
宮家 準(慶應義塾大学名誉教授 連携会員)
開会挨拶
野家啓一(東北大学教授 哲学委員会委員長)
ƒVƒ“ƒ|ƒWƒEƒ€2010_ˆóü—pA2_100924

2009年11月28日 シンポジウム「アジア文化の多元性と共存-宗教と思想の視点から-」開催

シンポジウム「アジア文化の多元性と共存 宗教と思想の視線から」
開催概要

主催:日本学術会議哲学委員会/日本哲学系諸学会連合/日本宗教研究諸学会連合
企画:日本学術会議哲学委員会/文化・価値の多元性分科会

日時:11月28日(土)13:00?16:30
場所:日本学術会議講堂

報告
池上良正氏(駒澤大学・教授 宗教学)
「東アジアの『民族宗教』に見る葛藤と共存?『死者供養』を事例に?」
黒住真氏(東京大学大学院・教授 日本学術会議連携会員 日本哲学/比較思想宗教)
「近代日本哲学における宗教とその後」
斎藤明氏(東京大学大学院・教授 日本学術会議連携会員 インド仏教学)
「アジアと仏教 ?<輪廻>説の受容と変容の視点から?」
塩尻和子氏(筑波大学・副学長 イスラーム思想/比較宗教学)
「アジア文化の中のイスラーム」
コメント
月本昭男氏(立教大学・教授 日本学術会議連携会員 古代西アジア宗教史)
堀池信夫氏(筑波大学大学院・教授 日本学術会議連携会員 中国哲学)
司会
神崎繁(専修大学・教授 日本学術会議連携会員 西洋古代哲学)
星野英紀(大正大学・教授 宗教学)
開会挨拶
野家啓一(東北大学・理事 日本学術会議哲学委員会委員長)

当日のスケジュール予定
13:00 開会の挨拶、主旨説明
13:10 提題――20分×4人
14:30 コメント――15分×2人
15:00 休憩――10分
15:10 討議――70分
16:20 閉会あいさつ
16:30 終了
ƒVƒ“ƒ|ƒWƒEƒ€2009_A4

2008年11月29日 シンポジウム「現代社会と死生観」開催

シンポジウム「現代社会と死生観」
開催概要

主催:日本学術会議哲学委員会、同いのちとこころを考える分科会
共催:日本哲学系諸学会連合、日本宗教研究諸学会連合

日時:11月29日(土)
場所:日本学術会議講堂

発題者
①古瀬純司氏(杏林大学医学部内科学腫瘍科・教授)
「「がん」とどう向き合うかーがんの臨床から」
②砂山稔氏(岩手大学・教授、中国思想史)
「李白の死生観と現代」
③西平直氏(京都大学教育学部・教授、教育人間学)
「子どもの心の中の死」
④広井良典氏(千葉大法経学部・教授・COE「持続可能な福祉社会.に向けた公共研究」拠点リーダー)
「死生観の空洞化と再構築」
コメンテータ
⑤羽入佐和子氏(お茶の水女子大学・教授、西洋近現代思想)
⑥木村清孝氏(国際仏教学大学院大学・教授、仏教学)
司会
⑦島薗進(東京大学・教授、宗教学・死生学)

当日のスケジュール予定
13:00 開会の挨拶、主旨説明
13:10 提題――20分×4人
14:30 コメント――15分×2人
15:00 休憩――10分
15:10 討議――70分
16:20 閉会あいさつ
16:30 終了
img_symposium_081129